エレクトロニクスデザインの授業のページです。

   テキスト

             テキストのダウンロードはこちら
            

デジタル回路でバスを使って結合する場合,配線の引き回しにより同じタイミングで信号を伝えることができなくなる可能性がある。これを防ぐために( 1 )というテクニックが利用される。また、( 1 )を利用している場合でも隣同士の近い配線が長距離並行して配線されていると( 2 )という現象により、ノイズが発生し正しく動作しなくなる可能性がある。

EMC技術とは電気機器等において、( 1 )な( 2 )および( 3 )を獲得するための技術である。( 2 )とは、人体に影響を与えるレベル以上の干渉源となる( 4 )もしくはEMIを生じないことであり、( 3 )とは付近の機器から発生する電磁波などにより動作が阻害されない( 5 )もしくはEMSを持つことである。EMC技術について、一般に電気機器は、外来ノイズを遮断するため、( 6 )と呼ばれる筐体を覆うような導電体で覆われており、この( 6 )は電源の( 7 )に接続されている。次に、設置環境によっては、ケーブルや床、宅内配線を伝って( 8 )のループを形成する場合がある。このループにより外部に電磁雑音が放射されるという問題が発生する。この問題を解決するための一手法は、ケーブルの接続部に( 9 )を挿入する方法であり、もうひとつの手法は( 10 )をケーブルに取り付けることであり、もうひとつは関連する素子の電源ピンのそばに( 11 9文字で)を配置する手法である。( 9 )は、2本の線を( 12 )に巻きつけた構造を有し、この2本の線を流れる電流が同じ向きの場合は磁束が( 13 ’強め’か’弱め’を選択)あい、( 14 )が発生することで電流が流れ( 14 ’易く’か’難く’を選択)なる。( 10 )を用いる手法は、伝送線で発生する磁界を( 15 )に変換することでケーブルから放射される( 16 )ノイズを低減することができる。( 11 )を挿入する方法は、問題となる高周波電流ループを極力( 17 ’大きく’か’小さく’を選択)抑えることができる。その他、落雷による影響を避けるために( 18 )と呼ばれる素子が利用される。この素子は通常電気を( 19 ’流す’か’流さない’を選択)が、過電圧や過電流が加わると電気を( 20 ’流す’か’流さない’を選択)ようになる。( 18 )の片側は( 7 )に接続されているため、電気機器本体を保護することができる。