マルチメディアデザインのページです。

keio.jpでテキストを公開しています。ご利用下さい。

センサネットワークとは、( 1 )でありかつ( 2 )である( 3 )により構成されるネットワークのことを表す。( 4 )コンピューティングとは、無数のコンピュータがいたるところに存在することを前提としたシステムのことを指す。それぞれ、異なる用語ではあるが基本思想には重なる部分が多い。センサネットワークはその応用範囲が広く、その名の通り( 5 )を中心とした様々な応用が可能である。また、実際の制御を担うことも多い。センサネットワークにおいて特に重要とされるのは、( 6 )できること、そして( 7 )できること、柔軟な( 8 )が行えることである。( 6 )とは、特に( 9 )ができない場所、他の( 10 )が備わっていない場所、屋外極限環境での利用へ対応することなどが求められる。また、( 9 )のために、限られた( a )や( b )、( c )などによる発電を利用する( 11 )や、バッテリーを利用した場合の長期間運用のため、電力の効率利用を図るため工夫がなされている。例えば、電力消費量を極限まで抑えることができる( 12 )をできるだけ維持する方法がある。( 10 )がない場所で利用できるようにするため、アドホックネットワークの利用が広く検討されている。( 7 )できるようにするため、( 13 )を簡略化・不要化したり、センサノード( 14 )の同定や、( 15 )をとるための機構を搭載したり、( 16 )の自己検出・診断機構を搭載していることも多い。( 8 )に関しては、( 17 )を備えることで他のネットワークやセンサネットワーク同士の結合を容易化するなどの施策がとられている。

センサネットワークの発端は、( 18 )年DARPAによるマイクロ電子機械システム(MEMS)による( 19 )プロジェクトまでさかのぼる。このプロジェクト自体は当初の目的を達成することはできなかったが、関連する技術が数多く提案され、( 20 )が発売されるに至る。この無線技術は現在の( 21 )へと引き継がれており、センサネットワークの事業化へ大きく貢献したといえる。その他のセンサネットワークとして、( 22 )や( 23 )なども広く用いられている。( 22 )はプロファイルと呼ばれるアプリケーションを想定した情報の共通化が進んでおり接続性が高い。( 23 )は、CSMA/( d )が採用されており転送スループットも高く、最も普及した無線プロトコルであるといえる。無線というカテゴリでは、その他、( e )や( f )、( g )など、様々な通信媒体が利用されている。

位置同定について、GPSを使ってセンサノードの取り付け位置を計測することは可能であるが、全センサノードにGPS受信機を備えることは、コスト的にも電力的にも実用的とは言い難い。そこで、( 24 )手法や( 25 )手法を用いて取り付け位置を同定する技術が数多く提案されている。( 24 )手法とは、直接( 26 )や( 27 )を用いて設置位置を測定可能とする手法であり、正確な測定が可能であるという特徴がある。( 25 )手法では、通信に何ステップ経由したかや、( 28 )などを利用した間接的な距離測定により位置を同定する手法で、低コストではあるが正確な測定が困難となる。

( 29 )は、無線で( 30 )や( 31 )を行う機能メディアの総称であり、同様の機能を提供する手法として印刷媒体の( 32 )が広く利用されている。( 29 )は無線を利用するため、( 32 )と比較して追記や書き換えが可能であること、複数の( 29 )を同時の読み取り可能であること、表になくても読み書きが可能で、読み取り面を手前にするなどの操作が不必要なことなど、様々なメリットがある。元来、( 29 )は周波数により( 30 )を行う仕組みを指したが、現在では周波数ではなく、データ通信による( 30 )も含めて( 29 )と呼称する。特に物品管理や追跡といった物の( 33 )確保を目的とする場合( 34 )と呼び、人が所持して利用する場合( 35 )と呼ぶ。( 29 )の発展は( 36 )の普及に貢献したといえる。